不動産投資 悪徳業者名

【要注意!】スカイプレミアム・アルバスキャピタル投資案件

不動産投資を行うために、資金を増やしたいからといって、くれぐれも怪しい話に乗らないようにいろいろと調べた上で、ご判断ください!

投資家仲間には、不動産投資だけのいわゆる「大家さん」と、他の投資も含めて資産運用を行い、不動産投資はポートフォリオの1カテゴリとして物件保有している投資家などさまざまです。

不動産投資からスタートして、他の投資に展開する際に相談されることもあります。
TOMOHIROも資産運用は不動産投資から開始し、投資家仲間と出会い、他の投資を始めました。

今回は、投資家仲間から入手した情報を、注意喚起として流行っている投資案件を投資注意案件の一環としてご説明します。

スカイプレミアム・アルバスキャピタル、名前を変えても、すべて同じ!?

スカイプレミアム・アルバスキャピタル……、その他の名前を変えても実態は同じです!

  • SKY PREMIUM(スカイプレミアム)
  • ALBUS CAPITAL(アルバスキャピタル)
  • GQFX
  • GQキャピタル
  • LION FX(ライオンFX)

上記は、名前を転々と変えて勧誘している、投資信託やFXのファンドです。

実は、全て同じなのです。

内容は次の通りです。

月利2〜3%の利回りが出るというもの
年間30%!!

この数字は、世界一の投資家、ウォーレン・バフェットを上回る利回りです。

本当にこの利回りが達成されるなら、上記FXを利用全員が「世界一の投資成功者・世界一の資産家!」ということになります。

ウォーレン・バフェットは次のようにいわれています。

22.6%の利回り37年継続したことで、資産が1900倍以上になりました。

今回のFX投資は、その遥か遥か上をいくものです。

これはアメリカの1万種類のファンド平均リターン5%を超えることになるのです。

つまり、次のことがいえます。

  • ゴールドマン・サックスよりも
  • 三菱UFJ銀行よりも
  • プライベートバンクよりも

どこよりも
運用成績がズバ抜けている!

世界一利回りが良い、ということになります。

それならば、日銀も日本政府もアメリカ政府もこの投資をすれば万々歳ですね。

そんな一般庶民の小金をチマチマ集金しなくても、大手金融機関が数千億円・数兆円などを預ければ、すごく増えますよね。

もちろん、このFXファンドは情報がさまざまです。

金融のプロにはバレるから、金融のプロは投資をしないのです。

スカイプレミアム・アルバスキャピタル投資のカラクリ

今回の投資のカラクリは、金融の素人を選んで投資話を持ちかけるということです。

  • SKY PREMIUM(スカイプレミアム)
  • ALBUS CAPITAL(アルバスキャピタル)
  • GQFX
  • GQキャピタル
  • LION FX(ライオンFX)

通常の投資案件は、運用実績や運用レポートが提示されます。

スカイプレミアム・アルバスキャピタルの投資レポートを見破るポイント!

まず、金融のプロは投資レポートが真実かどうかの確認を行います。

投資のデューデリジェンス(Due Diligence)です。

デューデリジェンスとは、投資対象の企業や投資先の価値・リスクなどを調査することを指します。

しかし、このスカイプレミアムやアルバスキャピタルなどはデューデリジェンスをしようにも、実際の運用内容は教えてくれないのです。

————なぜでしょうか?

教えるとマズいことになるからです。
投資内容の嘘がバレてしまうからです。

残念ながら大手金融機関や金融のプロがここには投資を出来ない、しないのです。

投資するのは金融知識がない素人で、無知でピュアなカモにされやすい人なのです!

スカイプレミアム アルバスキャピタル
などで検索すると、たくさん出てきます。

以下は、インターネット上からの引用です。

騙された!
投資詐欺!
実家の母親が騙されている!!

などなど、キリがありません。

ちなみに該当のFX、本当にトレーダーが優秀ならば、大手証券会社でMAMトレードが出来ます。

投資家が証券会社の口座にお金を入れる。
その運用委託だけをトレーダーに依頼する。

投資家は全てのトレード内容をリアルタイムにガラス張りで見ることが出来る。
自分の口座ですから、トレーダーはトレードをガラス張りで行うだけです。

世界規模のどこの証券会社でも、出来ます。

しかし、そのFXファンドの人達も、実はこのような証券会社ガラス張りトレードは当然知っています。

知っていても使えないのです。
使うとマズいのです。
お手製の投資レポートでないと、マズいのです。

なぜか。

投資注意案件だからです。
実際の運用内容と違う報告をしているからです。

スカイプレミアム・アルバスキャピタル投資案件はポンジ・スキーム?

スカイプレミアム・アルバスキャピタル……、その他の名前を変えている以下の投資案件は、TOMOHIROはポンジ・スキームだと推測しています。

あくまでもTOMOHIROが推測しているだけですので、ちゃんと運用できているという場合には、ごめんなさい。
TOMOHIROに報告や相談がある人は、残念ながら、ちゃんと運用できていないのです。

  • SKY PREMIUM(スカイプレミアム)
  • ALBUS CAPITAL(アルバスキャピタル)
  • GQFX
  • GQキャピタル
  • LION FX(ライオンFX)

ポンジ・スキームとは、以下Wikipediaからの引用です。

ポンジ・スキーム(英:Ponzi scheme)とは、詐欺の一種で、日本語で言うところの「自転車操業」に近いものである。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

名称を次々と変更していくパターンです。

まとめ

資産運用を行う際に、TOMOHIROは歴史は大切だと考えています。

その秘訣を説明している「1年で資産を 3 倍以上にする資産運用法」の小冊子を書きました。
以下から入手可能です。「【徹底解説】1年で資産を 3 倍以上にする資産運用法」の小冊子をプレゼントしています。
↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください


TOMOHIROは不動産投資をはじめ、株式やその他投資も行っています。
資産運用に詳しい投資仲間もいます。

正しい情報をお互いに共有しています。
そんな仲間は大切です。
世の中には魅力的な投資案件も多く存在します。
特に海外投資などは、金融商品にしても不動産にしても現地で金融機関や不動産(土地・建物)などを直接確認することがとても大切です。

TOMOHIROは、投資の裾野を広げたいと考えています。

TOMOHIROも、投資の初期は失敗もしました。
選択ミスもありました。
資産を増やすことを急ぐばかりに、却って損失を出したこともあります。

しかし、そんな失敗を通して得たこと、その後必死に学んだこと、情報収集や分析に時間や労力を費やしたこと、投資家仲間からの情報などが、いまでは大きな力や知恵になっています。

TOMOHIROの経験を、皆さんに共有したいと考えています。
なぜなら、日本の投資の裾野を広げるためには、少しでも多くのより正しい情報をお伝えすることが大切だと考えているからです。

日本の金融教育は外国に比べて遅れているといわれています。
TOMOHIROも必死で学び続けます。

そして皆さんにできる限り、投資のこと、資産運用のことをお伝えしていきます。

どうぞ、TOMOHIROを利用してください。

皆さんからの質問やお問い合わせにお答えする・お応えすることが、私の学びになっています。

FXは1990年代にはじまり普及したものです。歴史は、まだまだ約20年というところです。
FXで利益を上げられている方には関係ないかもしれませんが、1年で資産を3倍いやもっと増やす歴史や実績のある資産運用もあるのです。

その手法とは!?
↓↓↓

【徹底解説】1年で資産を 3 倍以上にする資産運用法」の小冊子をプレゼント。
1年で資産を3倍以上にする方法をシンプルにお伝えします。
ご登録は無料です。
よろしければ、ご登録ください。
↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください




もしも、この記事をご覧になられて、お問い合わせなどある方はお問い合わせからご連絡ください。

Googleフォーム
↑↑メールアドレスのみでご連絡可能です。

不動産投資初心者の方に向けてメルマガを始めました。

今メルマガ登録すると60ページの「不動産投資の教科書」をプレゼント。
この教科書を読めば初心者でもプロ以上に物件を見分けることが出来ます!
ご登録は無料です。

よろしければ、ご登録ください。
↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください



*メールアドレス

TOMOHIRO
TOMOHIRO
不動産投資以外のご相談もお気軽にどうぞ