サラリーマン大家

不動産投資で成功!サラリーマン大家が金持ち父さんになるための準備

メルマガを始めました。

今メルマガ登録すると60ページの「不動産投資の教科書」をプレゼント。
この教科書を読めば初心者でもプロ以上に物件を見分けることが出来ます!
ご登録は無料です。

よろしければ、ご登録ください。
↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください



*メールアドレス

【徹底解説】1年で資産を 3 倍以上にする資産運用法」の小冊子をプレゼント。
1年で資産を3倍以上にする方法をシンプルにお伝えします。
ご登録は無料です。
よろしければ、ご登録ください。
↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください




お問い合わせ
1roomnavi★gmail.com

★を@に変えて、メールをお送りください。
上記アドレス入力がご面倒な方は、以下「お問い合わせ」から、お送りください。

Googleフォーム
↑↑入力項目はメールアドレスのみ(お名前記入なし)でお問い合わせ可能です。

TOMOHIRO
TOMOHIRO
不動産に関すること、不動産投資以外の投資に関することもご相談ください。

時代を風靡した投資のバイブルといえば、ベストセラーとなった『金持ち父さん貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ:著、白根美保子:訳/筑摩書房)がよく知られています。

その後、類似の書籍が多く出版され、特に不動産投資の分野では「サラリーマン大家」を目指す会社員が、当時より増えています。

じゃあ、どうしたら不動産投資で成功者——「金持ち父さん」になれるのか!?

ズバリ、セオリーどおりに、「やることをキッチリやる!」のスタンスが必要です。

「やること」とは——?

基本に忠実に不動産投資に関する学習と事前準備、やり遂げる努力です。

何の努力もしないで「お金を増やす」ことができたら、どんなに楽なことでしょう。

しかし、世の中そんなに甘くありません。

金融・不動産知識を身につけ、不動産物件を見極める力をつけ、そして頼りになる成功経験者や専門家を味方につけましょう。

「投資」の裾野を広げた『金持ち父さん 貧乏父さん』の功績

バブル崩壊後に誰もが目を疑った山一證券の経営破綻のニュースが流れた1997年にシリーズ第1弾刊行。

『金持ち父さん』シリーズは、日本で累計340万部、全世界では累計3,000万部を突破し、世界中の人に読まれ続けている書籍です。

当時は、「土地神話」「土地成金」「土地転がし」「不動産バブル」というキーワードが踊り、右肩上がりが続くと思われていた不動産価格もドーンと下がり、日本中に暗雲が垂れ込めていました。

「失われた20年」のまっただ中に、書籍『金持ち父さん 貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ:著)が登場したのです。

——企業が、ある日突然倒産する時代の到来。

投資に縁があった人もなかった人も、給与以外での収入を切実に考え始めるようになった大きなきっかけとなりました。

この本の読者は、誰もが「貧乏父さんの〝ラットレース〟から抜け出るぞ!」と、思っていました。

実際、「金持ち父さん――リッチ・ダッド」を夢見る人も多くいましたね。

一時期の、「不動産で〝金持ち父さん〟を目指す」人は、今は「サラリーマン大家」として家賃収入を上げるようになってきました。

サラリーマンに対する不動産投資ローンの審査が通りやすい時期がありました。

マイナス金利となった、2016年2月以降、約1年はサラリーマン大家への融資優遇が続いておりました。
その前から少しずつ、サラリーマンに対しての不動産投資ローンの融資が積極的に行われていた事実があります。

「サラリーマン大家」「メガ大家」などの言葉も書籍やインターネットでよく見かけるようになり、不動産会社やサラリーマン大家向けのセミナーなどよく開催するブームが続きました。
現状も続いています。

しかし、2017年に入ると、金融機関からの個人への融資の代表格である不動産投資ローンとカードローンが金融庁から問題視されてきました。

個人への不動産投資ローンの融資が少しずつ厳しくなってきた矢先に
かぼちゃの馬車」事件やスルガ銀行の不正融資が大きな社会問題となりました。

不動産投資ローンへの融資基準が厳しくなったとはいえ、基準を充たす人には引き続き「サラリーマン」として会社への信用度で不動産投資ローンがおりるケースも多く、資産構築としてまだまだ不動産投資は有力な手段と考えられています。

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンといわれています。

かぼちゃの馬車」事件やスルガ銀行の不正融資の不正融資などに合わないためにも、正しい知識を身につけましょう。

不動産投資に失敗しないための事前準備編として、ポイントをまとめてみました。

不動産投資の知識をインターネットや書籍、セミナーなどから情報収集する

不動産投資に関する学びのスタートラインです。

「不動産投資」に関する情報は溢れています。

何を選んだらよいかわからないことも多いでしょう。その場合には、実際に不動産投資を行っている人に、「何がよいか」教えてもらうこともポイントでしょう。

間違えた情報や偏った意見などに惑わされないように、しっかり見分ける思考をもつことも大切です。

不動産投資に関して収集した情報を分析する

不動産投資に関して集めた情報、特に投資用の不動産物件情報などは、自分なりに分析して、気になる物件などはマークしておきましょう。

売れてしまった物件情報でも、自分の理想とする物件として掲げられますし、不動産営業マンに希望条件を提示する際に参考にもなります。

不動産投資する物件の条件を決めておく

学んだ知識をいかして、不動産投資する際の条件を細かく決めておくことをお勧めします。

  • 不動産投資を行う希望エリア
  • 不動産投資を行う際の価格などの条件(条件の優先順位)
  • 不動産投資を行う際の譲れないポイント
  • 「不動産投資ブーム」「サラリーマン大家ブーム」もピークを超え、投資に好条件な物件がなかなか情報が流れてこないことが多くあります。

    特に、一般のサラリーマンの場合、不動産投資として有利な好条件の物件情報を入手するのは難しい状況です。

    不動産投資の条件を決めておくと、不動産営業マンや投資物件を知っていそうな方へすぐに伝えることができます。

    情報はどこから手に入るかわかりません。情報収集のネットワークを広げることも大切なポイントです。

    不動産投資経験者から成功体験も失敗体験も直接話を聴く

    うまくいくコツは、「うまくやっている人のマネをする」ことでもあります。

    実際に不動産投資で成功している人、不動産事業を行っている人などからリアルな話を聴くことは、実際に「サラリーマン大家」になった後のためにもとても参考になります。

    〝できる〟不動産営業マンから話を聴く

    不動産投資の準備として、情報収集のため、また実際に購入したい物件を伝えるためにも不動産営業マンと連絡を取り合うことも大切です。

    具体的に明確な条件をもって、実際に物件がでてきたらすぐに連絡をもらう、有益な情報など教えてもらうような関係性を構築しましょう!

    営業マンも人間です。
    不動産投資について知識があり、「このお客さんは不動産投資への知識が深いぞ!」と一目置かれたら、紹介する物件情報のランクもあがってきます。

    金融機関から不動産投資ローンの情報を収集する

    長引く低金利の時代、不動産投資にはローン利用が有効ですが、不動産投資ローンの金利や融資条件など金融機関によって異なります。

    スルガ銀行の不正融資によって、不動産投資ローンの審査基準が厳しくなったり、金利が上がったりしている傾向もあります。

    不動産投資ローンの融資を受ける対象の年収によっても、金利が変わってきますので、複数の金融機関の融資条件はじめその他情報を収集しておきましょう。

    不動産投資ローンの契約時に必要な書類を用意しておく

    不動産投資ブームで、条件のよい物件は、どんどん売れてしまい、現状、不動産投資に好条件の中古ワンルームマンションは品薄の状況です。

    新築ワンルームマンションの場合には、建築予定がある程度わかっていますので、物件も探しやすいといえます。
    しかし、最近は新築ワンルームマンションも、好条件の物件は公開募集前に、順番待ちのお客様へ事前連絡だけで完売する物件もでている状態です。

    中古ワンルームマンションに至っては、市場にでないで、コネの世界の中だけで売買が成立する場合が多々あります。

    不動産投資に好条件の物件が見つかったら、即購入できるように、購入時に必要な自分の書類はあらかじめ揃えておくことをお勧めします。

    金融機関によって、求められる書類は異なりますが、参考として、以下のものなどがあります。


    ■身分証明書

  • 運転免許等の身分証明書
  • 印鑑証明
  • 住民票
  • ■収入・課税証明書
    (過去2~3年分を求められるケースが多いです)

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告をしていれば、確定申告の書類
  • ■資産状況

  • 所有資産一覧
  • 銀行通帳(履歴が1年程度わかるもの)
  • 自己資金がわかるもの(株などの金融資産、定期預金証券のコピーなど)
  • ■投資対象不動産物件関連

  • 購入物件の契約書
  • 共同担保に使う物件がある場合、その物件の登記簿、図面、公図など
  • 購入する物件が決まったら、即ローン審査に進めることが同じ物件を希望しているライバルとの勝負にもつながります。

    まとめ

    事前の勉強や準備をしっかり行うことで、よい物件獲得につながり、不動産投資成功の道へとつながります。

    TOMOHIROは、不動産会社に勤めていました。
    退職する前に、少し不動産を買い増しました。会社員である間に不動産投資ローンを組めるだけ組んだ形です。

    TOMOHIROは不動産会社に勤めていましたが、現在はフリーです。

    横のつながりで、仕入れ業者と強いパイプを持っています。

    業界で有名な不動産投資物件を販売する会社が仕入れている業者をご紹介できます。

    不動産投資の販売会社は、仕入れ値に対して、利益をのせます。
    それは、会社経営としては当然のことです。


    不動産投資用の中古ワンルームマンションを扱う大手企業は、会社の経費のためにそれなりの金額が上乗せされるのです。

    その上乗せされる前の仕入れ値に近い物件を扱う不動案会社をご紹介することもできます。

    TOMOHIROの苦労や、苦労から得た経験をもとにした経験則から少しで皆さんのお役に立ちたいと考えています。

    TOMOHIROは、会社員時代を通して公私ともども不動産に関する相談に乗ってきました。

    不動産は人を幸せにもするし、不幸にもする

    不動産投資に行う方に対してTOMOHIROは上記のように思うのです。

    不動産投資で幸せになられた方のご報告をいただくことは喜びです。

    現在周囲にいる投資家仲間を通して不動産に関する質問をもらいますが、他の方へ「伝える」ということは自分自身の役にも立ちます。

    自分が知っているということと、他の方へ伝えてそして理解していただくということは異なると思っています。

    そして何よりも嬉しいのは、TOMOHIROがお伝えしたことを参考に購入した不動産物件が利益を上げて、お礼を言ってもらえることです。

    「TOMOHIROのアドバイスで購入した物件で、月々キャッシュフローが黒字になっている」

    「TOMOHIROのアドバイスで購入した物件が、数年後に高く売れて、キャピタルゲインを得ることができた」

    その言葉を聞くために、不動産の相談に乗っていると言っても過言ではありません。
    TOMOHIRO最大の喜びです。

    TOMOHIROが得た金融知識や投資情報など、あなたとともに共有していきたいと考えています。

    TOMOHIROプロフィール詳細

    メルマガを始めました。

    今メルマガ登録すると60ページの「不動産投資の教科書」をプレゼント。
    この教科書を読めば初心者でもプロ以上に物件を見分けることが出来ます!
    ご登録は無料です。

    よろしければ、ご登録ください。
    ↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください


    【徹底解説】1年で資産を 3 倍以上にする資産運用法」の小冊子をプレゼント。
    1年で資産を3倍以上にする方法をシンプルにお伝えします。
    ご登録は無料です。
    よろしければ、ご登録ください。
    ↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください

    お問い合わせ
    1roomnavi★gmail.com

    ★を@に変えて、メールをお送りください。
    上記アドレス入力がご面倒な方は、以下「お問い合わせ」から、お送りください。

    Googleフォーム
    ↑↑入力項目はメールアドレスのみ(お名前記入なし)でお問い合わせ可能です。

    TOMOHIRO
    TOMOHIRO
    不動産に関すること、不動産投資以外の投資に関することもご相談ください。

    メルマガを始めました。

    今メルマガ登録すると60ページの「不動産投資の教科書」をプレゼント。
    この教科書を読めば初心者でもプロ以上に物件を見分けることが出来ます!
    ご登録は無料です。

    よろしければ、ご登録ください。
    ↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください



    *メールアドレス

    【徹底解説】1年で資産を 3 倍以上にする資産運用法」の小冊子をプレゼント。
    1年で資産を3倍以上にする方法をシンプルにお伝えします。
    ご登録は無料です。
    よろしければ、ご登録ください。
    ↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください




    お問い合わせ
    1roomnavi★gmail.com

    ★を@に変えて、メールをお送りください。
    上記アドレス入力がご面倒な方は、以下「お問い合わせ」から、お送りください。

    Googleフォーム
    ↑↑入力項目はメールアドレスのみ(お名前記入なし)でお問い合わせ可能です。

    TOMOHIRO
    TOMOHIRO
    不動産に関すること、不動産投資以外の投資に関することもご相談ください。
    不動産投資ニュース|中古ワンルーム・新築ワンルーム 不動産投資の教科書

    資産ジャーナリストTOMOHIROが不動産投資に関するニュースや統計発表の分析など発信しています。

    「中古ワンルーム・新築ワンルーム 不動産投資の教科書」はm不動産投資の基礎から応用まで解説しています。不動産投資を行うための教科書的な内容からワンルームマンションの選び方・不動産投資を行うための実践や投資対象の不動産物件の選び方、不動産投資に関するニュースや統計発表の分析など発信しています。