不動産投資の基礎知識

不動産投資に成功するための5つの心構え

「サラリーマン大家」のブームにのって、不動産投資を始める方も増えています。
誰しも、失敗はしたくないでしょうし、成功してセミリタイア生活を目指す人もいるでしょう。

そこで、「不動産投資の心構えとは?」をお伝えします。

不動産投資を行う目的・目標の明確化

不動産投資を始める目的と目標は何でしょう?

「不動産投資は何のために?」
「不動産投資の目標は?」

不動産投資を行う際に、目的と目標を明確にしておくことが大切です。
「将来の生活が不安だから」「年金がアテにならないから」という方も多いでしょう。

  • 5年で10室の区分マンション購入
  • 3棟のアパート購入

上記のように、自分の中で目標を立てておくと、漠然と始めるよりも励みになります。
しかし、どうしても達成しなければならないなどとムキになることは止めましょう。

投資全般にいえることですが、感情的になったり、ムキになったりすると負のスパイラルに陥ってしまいます。

不動産投資への資金はもちろんですが、不動産投資に必要なことは冷静さです。

その冷静さは、不動産投資に関しての知識によって裏付けされます。

不動産投資の基本的な知識や仕組みはもちろんですが、次のことも当てはまります。

  • 不動産投資に関する最新の動向
  • 不動産市況
  • 不動産投資ローンなどの金融機関の情報
  • 不動産に関する税金

不動産投資の知識・理解

不動産投資を始めるきっかけはさまざまだと思います。
しかし、どんなきっかけや目的であろうと、

「なんとなく不動産投資しようかな」
「不動産投資をしてラクして、お金儲けがしない」

などという考えで、不動産や不動産投資の知識なしに始めることは絶対に止めてください。

まず、不動産投資を始める前に、不動産・不動産投資に関する知識を身につけましょう。

徹底的に勉強したら、1〜2ヶ月もあれば、基本や概略がわかってきます。基本がわかったら、後は知識の肉付けや情報収集を行うことです。

不動産投資に関する書籍やWebサイト、セミナー情報が多く出回っています。

TOMOHIROは、以下をおすすめしています。

  • 不動産投資に関する知識:体系的な知識は書籍
  • 不動産投資に関する情報:Webで情報収集(物件情報や体験談など)
  • 不動産投資セミナー:最新情報・具体的な物件情報・オフレコ話/加えて人脈形成

もちろん、不動産投資に関する知識もWeb上にたくさん記載されています。
不動産投資に関して、知りたいこと・探したいことをすぐ検索できるなどWebの特徴もあります。

書籍・Web・セミナーなど、さまざまな方法から不動産投資に関する知識や情報を入手し、自分にあった方法を求めていくというのもアリです。

不動産投資を相談できる人の存在・人脈の形成

不動産投資を始める前に、経験者からの話を聴いておくと心強いです。
そして、不動産投資に関して情報収集したり相談したりする人脈をつくってください。

相談できる人・メンター:いわゆる指導者の存在も大切です

書籍やWebなどで知識を身に付けることもとても大切ですが、情報を伝えてくれたり、アドバイスをしてくれたりする人脈をつくることが後々大きな大切になってきます。

  • 不動産投資経験者だからこそわかる苦労
  • 購入希望の不動産物件へのアドバイス
  • 実際に購入した後の不動産事業に対するアドバイス
  • 買い増しの際の不動産物件紹介の可能性

さまざまなシーンで、不動産投資に関する率直な意見やアドバイスをもらえる人が近くにいると、不動産投資に失敗するリスクが減ってきます。

不動産投資を始める際の自己分析

不動産投資を行う際に、ほとんどの人が不動産投資ローンを利用することでしょう。

不動産投資ローンの審査を受ける際には、銀行から融資を受ける人=不動産投資ローンを利用する人の属性が重要なポイントです。

特に、少し前と比べると不動産投資ローンの審査が厳しくなっています。

金融政策によるマイナス金利や2016年以降のゼロ金利に端を発して、スルガ銀行や地方銀行などが個人に対して不動産投資ローンを積極的に融資していました。

しかし、「かぼちゃの馬車」の投資トラブルや、相続税対策を見越してのアパート建設におけるサブリース問題などが浮上し、金融庁も各金融機関への指導が強化しています。

不動産投資ローンは、一時期のようにサラリーマンだと、ある一定の基準を充たしていたら融資が見込めていた時期とは異なってきています。

ある意味、通常なら不動産投資ローンの審査基準に充たない人や、審査基準以上の融資額を積極的に融資実行していたことが異常で、正常化してきたともいえますね。

不動産投資ローンも無理のない範囲で金融機関から融資を受けることが大切です。

そのためには、自分の経歴・年収の情報把握、クレジットカードの利用状況、その他のローンの状況など常に把握しておきましょう。

いざ、不動産投資を始めるために、不動産物件を購入という段階になったら、源泉徴収票などの書類も必要となってきます。

好条件の物件の購入は時間との戦いになる場合もありますので、ローン審査用の書類などはすぐに提出できるようにしていることが、不動産投資の成功につながる先手必勝につながります。

不動産投資に関するリスク想定と回避策

不動産投資は、不動産物件を購入することがゴールではなく、不動産投資のスタートです。
不動産物件購入後に、不動産事業がはじまります。

不動産投資を始めて、家賃収入が安定的に入ることにより、不動産投資ローンの返済につながり、不動産事業も軌道に乗るのです。

株式投資なども同じですが、不動産投資もいろいろなリスクがあります。
リスクを想定した上で、つねに対応、回避できるように対応策を心がけておくことが不動産経営の成功につながります。

不動産投資のリスクは、次の記事で解説しています。

まとめ

不動産投資に限らず、どんなビジネスでも学びと最新情報の収集、そして経営努力は大切なポイントです!
一緒に学んでいきましょう。

TOMOHIROは不動産会社に勤めていましたが、現在はフリーです。

横のつながりで、仕入れ業者と強いパイプを持っています。

業界で有名な不動産投資物件を販売する会社が仕入れている業者をご紹介できます。

不動産投資の販売会社は、仕入れ値に対して、利益をのせます。
それは、会社経営としては当然のことです。


不動産投資用の中古ワンルームマンションを扱う大手企業は、会社の経費のためにそれなりの金額が上乗せされるのです。

その上乗せされる前の仕入れ値に近い物件を扱う不動案会社をご紹介することもできます。

TOMOHIROの苦労や、苦労から得た経験をもとにした経験則から少しで皆さんのお役に立ちたいと考えています。

TOMOHIROは、会社員時代を通して公私ともども不動産に関する相談に乗ってきました。

不動産は人を幸せにもするし、不幸にもする

不動産投資に行う方に対してTOMOHIROは上記のように思うのです。

不動産投資で幸せになられた方のご報告をいただくことは喜びです。

現在周囲にいる投資家仲間を通して不動産に関する質問をもらいますが、他の方へ「伝える」ということは自分自身の役にも立ちます。

自分が知っているということと、他の方へ伝えてそして理解していただくということは異なると思っています。

そして何よりも嬉しいのは、TOMOHIROがお伝えしたことを参考に購入した不動産物件が利益を上げて、お礼を言ってもらえることです。

「TOMOHIROのアドバイスで購入した物件で、月々キャッシュフローが黒字になっている」

「TOMOHIROのアドバイスで購入した物件が、数年後に高く売れて、キャピタルゲインを得ることができた」

その言葉を聞くために、不動産の相談に乗っていると言っても過言ではありません。
TOMOHIRO最大の喜びです。

TOMOHIROが得た金融知識や投資情報など、あなたとともに共有していきたいと考えています。

TOMOHIROプロフィール詳細

メルマガを始めました。

今メルマガ登録すると60ページの「不動産投資の教科書」をプレゼント。
この教科書を読めば初心者でもプロ以上に物件を見分けることが出来ます!
ご登録は無料です。

よろしければ、ご登録ください。
↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください



*メールアドレス

【徹底解説】1年で資産を 3 倍以上にする資産運用法」の小冊子をプレゼント。
1年で資産を3倍以上にする方法をシンプルにお伝えします。
ご登録は無料です。
よろしければ、ご登録ください。
↓↓ 下記BOXにメールアドレスをご入力ください




お問い合わせ
1roomnavi★gmail.com

★を@に変えて、メールをお送りください。
上記アドレス入力がご面倒な方は、以下「お問い合わせ」から、お送りください。

Googleフォーム
↑↑入力項目はメールアドレスのみ(お名前記入なし)でお問い合わせ可能です。

TOMOHIRO
TOMOHIRO
不動産に関すること、不動産投資以外の投資に関することもご相談ください。
不動産投資ニュース|中古ワンルーム・新築ワンルーム 不動産投資の教科書

資産ジャーナリストTOMOHIROが不動産投資に関するニュースや統計発表の分析など発信しています。

「中古ワンルーム・新築ワンルーム 不動産投資の教科書」はm不動産投資の基礎から応用まで解説しています。不動産投資を行うための教科書的な内容からワンルームマンションの選び方・不動産投資を行うための実践や投資対象の不動産物件の選び方、不動産投資に関するニュースや統計発表の分析など発信しています。